チームを紹介 #2

Bankeraの“Meet the team(チームを紹介)”シリーズの新しいインタビュイーです。今回は、一番最近チームに加わったコンプライアンスとマネーロンダリング対策にフォーカスを当てた弁護士であるPaulina Šliumpaitė(パウリナ・シリュンパイテ)を紹介したいと思います。私たちはあなたの関心を取り入れたいので、8月12日までにBankera公式Redditに質問を投稿してください。

Bankera - チームを紹介

パウリナについて

パウリナのモットー – 合理的な規制はFinTechの発展と成長にとって不可欠です。‘合理性’とはどのように定義すべきか? 自分たちを二択のジレンマに縛らずにその背後にあること見抜くべきだと思います。それは私たちが忘れがちな焦点です。 – イノベーションには新しい視点が必要です。

Bankeraでは、知識は年齢によって決まるわけではないと考えており、パウリナはそれを証明しています。彼女は英国でトップ10に入るダラム大学の法学部を卒業し、英国のQualifying Law Degree(法学の学士)を取得したところです。彼女の法学士の論文 “Locks Keep Out Only the Honest: Preventing the Use of Virtual Currencies for Money Laundering. The Case of Bitcoin”は一流の評価が与えられました。パウリナは、大学時代とそれ以前に、マイクロファイナンス、P2Pレンディングプラットフォーム、経済分担、金融規制、刑事司法などに関するNGOプロジェクトに取り組んでいました。 彼女の専門家としての優先事項は、FinTechの発展を妨げることなく、金融市場の健全性を維持することです。

Redditでパウリナにコンプライアンスとマネーロンダリング対策に関する質問を投稿してください。その中からいくつかの質問を選びますので、来週公開される第2弾‘Meet the Team – Paulina Šliumpaitė’で回答をご覧ください!