Bankeraの総発行トークン量の説明

毎日Bankeraのトークン発行数に関する質問があるのでこのブログ記事では詳細を説明をします。


概して言えば、最終的にBankeraトークンの発行数は250億トークンを超えることはありません。

それは非常に発行数が多いように見えるかもしれませんが、バンカー(BNK)トークンはSatoshiと比較されるべきです; BitcoinプロトコルにおけるSatoshiの最大供給量は2100兆(これはBankeraの合計250億トークン供給よりも84,000倍大きい)。現在、プロジェクトの主なトークンはバンカー(BNK)ですが、トークンを銀行のトークンとして取引する可能性も検討しています。各銀行トークンは1,000バンカー(BNK)で構成されます。しかし今のところ、すべての人にとって魅力的で、ICO参加者にとって将来的にトークン価格上昇で有益になるように、初期価格0.01ユーロ(Pre-CIO)と0.017ユーロ(ICO)の低価格でトークンを提供しています。

Pre-ICO中に私たちは25億トークンを配布し、ICO中に75億トークンを配布して合計1億7700万ユーロを調達することを目指しました。当社のバンカートークンの公平な価格設定を可能にするために、1億7700万ユーロの価値を有するハードキャップが導入されました。公平な価格設定により、Pre-ICOとICO参加者はバンカートークンのオークションに参加することができます。 ICO期間中に75億トークンがすべて売れない場合、残りのトークンは、Pre-ICOとICOの参加者に按分されます。例えば、ICO期間中に25億トークンのみが販売され、50億トークンが売れ残った場合、売れ残ったトークンは、Pre-ICOとICO参加者に按分されます(つまり、Pre-ICOまたはICO期間中に10トークンを購入した場合、追加で10トークンを取得することになります)。したがって、100億トークンはすべて、ICO後に配布されます。下の表では、いくつかの可能性のあるケースを見ることができます:

BNK distribution cases

総発行トークン数の30%のセカンド・コイン・オファリング(SCO)は、バンカートークンの価格が0.1ユーロを上回った後、Bankeraの事業を拡大するための追加資本が必要な場合にのみ実施されます。これは、Bankeraがそのスケーラビリティの限度に達するまで(つまり、10億ユーロ以上のローンを発行するまで)発行されないか、または配布されないため、追加の75億トークンがPre-ICOおよびICOトークンを希薄化しないことを意味します。その結果、SCOがなければ、トークンの最大供給量は175億トークンであり、トークンの57%以上がPre-ICOおよびICO参加者に帰属しています。

最後に、アドバイザーに帰属される割合は、Bankeraプロジェクトの存続期間にわたって分配されるので、その結果、Pre-ICOおよびICO参加者のバンカートークンが希薄化されたりすることはありません。同じことがチームに帰属するトークンにも当てはまります。しかし、チームに帰属するトークンは、チームメンバー(Bankeraの開発、広告、および維持を手助けする人々)と、BOUNTY参加者(翻訳者、紹介者、プロモーターなど)に発行されます。

結論として、Bankeraプロジェクトの初年度には、さらに10億BNKトークン(Pre-ICO+ICOトークンの100億BNKに加えて)を配布する予定であるためBankeraトークンの総配布数は110億BNK、Pre-ICOおよびICO参加者に帰属するトークンは90%以上です。 これは、Pre-ICOおよびICOトークン保有者が純取引利益の20%のうち90%以上を受け取ることを意味し、トークン保有者がその利益を最大限に活用できることを保証します。

Please follow and like us:
カテゴリーQ&A