BankeraのQ&A第2弾

今週、マーケティングVPのRūta ČižinauskaitėがBankeraの公式Facebookページに寄せられたご質問に回答したQ&Aビデオが公開されました。

BankeraのQ&A第2弾
まだご覧になっておられない方は下記の動画でご覧いただけます。

同時に、Q&Aの文字起こしを掲載しております。

Q1: なぜICOが延期され、なぜ長期間に渡り実施されるのですか?

ICOの前にXEMのサポートやカードスキームなどいくつかの新機能を実装したいと考えました。MVPであるSpectroCoinはすでに広範囲に渡りに運用しており、そのために開発プロセスは非常に複雑でございます。ですので、いくつかの機能の開発完了日に合わせるために、ICOの日付を延期させていただきました。一方、他のICOとは違う特別なことはトークン保有者様に対して既にリターンがあるということです。弊社のICOは短期の投機対象になるようには設計されておりません。弊社はトークンが長期的に大きな価値が付くようにするため、他のICOのようなポンプとダンプの仕組みは適用しておりません。そのため、弊社は市場の要求に見合った素晴らしい製品を構築することに注力しており、それが弊社のビジネスと共にトークンを成長させることになると考えております。

Q2: BankeraのMVPであるSpectroCoinの開発プロセスの現状はどのようなものか?

これまで、弊社は個人様と企業様の両方に対してIBANの発行を可能にしました。最近ではより進化した暗号通貨カードを発表し更にXEMのサポートも間も無く開始される予定でございます。現時点で440,000人以上のお客様を抱え、1日あたり1,450件を超える登録件数がございます。これまでに64,000枚以上のカードを発行しており、1日あたりの平均取引金額は600,000ユーロに増加しております。弊社のチームは51名の従業員に拡大しておりますが、まだ募集中ですのでBankeraのチームにご参加をご希望の場合は[email protected]まで電子メールをお送りください。

Q3: マーケットキャップが高すぎるのはなぜですか?スーパーハイボリューム/ローコストvsローボリューム/ハイコストの理由はありますか?

Bankeraの資本を従来の銀行と競争できるように増やしたいと考えたのが理由でございます。Bankeraが適切な銀行になるためにはそれだけの資本が必要でございます。それはすべてスケーラビリティに関するものであり、銀行のスケーラビリティはその資本によって左右され、目標規模を達成するには自己資本比率が15〜20%ある必要がございます。数字に置き換えてみてば、例えば1億ユーロの資本金があれば、銀行は5億ユーロを貸付することができます。これは、10万人にそれぞれ5,000ユーロの融資をおこなえることを意味します。25万ユーロの場合は2,000人。それは対して大きは金額ではございません。

Q4: ICO期間中も同じ紹介プログラムを継続しますか?

はい、紹介プログラムはpre-ICOと同じでございます。つまり、お客様のお知り合い様ががご購入されたBankerの5%を獲得していただけます。お客様自身のご紹介リンクを作成方法はblog.bankera.comのブログをご覧ください。

Q5: 英語が分からないのですが、他の言語でBankeraのICO情報を提供することはできますか?

はい、 弊社は世界中からの投資家の皆様を歓迎しております。Twitterでは英語版以外に、 日本語中国語トルコ語アラビア語ポルトガル語スペイン語と6つの言語でアカウントを開設しております。メインのwebページは14ヶ国語でご利用いただけます。公式チャットでは9ヶ国語でコミュニティにご参加していただけます。また、youtubeの字幕とブログでも英語以外に、日本語、中国語、ポルトガル語、アラビア語の4つの異なる言語で翻訳がされておりま。また、中国の投資家の皆様向けには、Weiboと微信/WeChat(OfficialBankera)をご用意しております。弊社は他言語の翻訳も必要としております。プロジェクトの一員になりたいとお考えの場合は[email protected]までご連絡ください。

ご質問をするのを忘れてしまっていた場合、弊社は現在、Facebookで第3弾のQ&Aを募集しております。そこでご質問いただければ、次のQ&Aビデオで回答したいと考えております。